1. TOP
  2. インタビュー
  3. スタートアップに会いたい!Vol.4- 関西電力
  • インタビュー

2021年05月20日

スタートアップに会いたい!Vol.4- 関西電力

関西電力株式会社
岡田 康伸
担当部長 ー関西電力グループのオープンイノベーション拠点、エナレッジ運営やCVCであるK4Venturesを通じたオープンイノベーションの取組みに従事

連載「スタートアップに会いたい!」では、KDDI ∞ Laboにパートナーとして参画する大企業50社以上が、スタートアップと共に取り組んでいきたい課題や、スタートアップへ提供できる多様なアセットについて解説するコーナーです。大企業全社の課題・アセットは「MUGENLABO支援プログラム 2021」からご確認いただけます。


日本郵便に続く第4回目は関西電力です。関西電力の課題解決に挑戦したいスタートアップの皆様は、ぜひKDDI ∞ Labo事務局までご一報ください!


岡田氏に伺いました

何をしている会社ですか?

岡田:皆さまのおかげで関西電力は2021年5月に70周年を迎えることができました。ライフラインを担う電気事業者として、「お客さまと社会のお役に立ち続ける」ことを変わらぬ使命として事業を営んで参ります。エネルギー分野にとどまらず、新事業の創出として当社グループは日々進化するテクノロジーをいち早く取り入れ、次代を作りだす企業を目指しています。

まず、「社会にとっての価値へのこだわり」「オープンイノベーション」「リーンスタートアップ」「ジレンマ領域への挑戦」その上で必要となる「コミットメント」「創造プロセスの推進」「組織/制度の整備」を連動させ、パッケージ化して取り組みます。

また、自由な発想と高い志を持つスタートアップ企業とのコラボをスピーディに進めるため、ベンチャー投資専門ビークル「K4 Ventures」を活用し、新領域に挑戦して行きます。

これまでのオープンイノベーションの取り組み事例は?

岡田:2019年7月に社内組織として「イノベーションラボ」を設立し、各部門やグループ会社の新規事業創出を加速しております。
また、2021年4月にはグランフロント大阪ナレッジキャピタル内で運営していた「エナレッジ」を、外部のアイデアや技術を積極的に取り込みながらお客さまや協業パートナーとの交流・実証を通じて革新的な価値を創造することを目指す、オープンイノベーション拠点「エナレッジ(enellege)」としてリニューアルオープンしました。

スタートアップとの連携については「K4 Ventures」を投資主体とし、個別のスタートアップに対する直接投資とベンチャーキャピタルファンドに対する間接投資を行っています。
これらの活動を通じてスタートアップ企業と事業を創出して行きます。

御社の課題は何ですか?スタートアップのみなさまへ求めていることは何ですか?

岡田:「新たな領域での事業機会の探索を通じた、既存のエネルギー、情報通信、生活・ビジネスソリューション事業の深化」です。

当社や当社グループの事業領域やその周辺領域において、協業により、双方の事業成長が見込めるスタートアップ企業と事業を創出していきたいと考えておりますので、熱い思いをお持ちのスタートアップ企業には是非お声掛けいただきたいです。

スタートアップへ御社から提供できるアセットはありますか?

岡田:下記の通り、当社から提供させていただきます。

  1. エナレッジ(enellege) (グランフロント大阪内) での協業スペースの提供
    協業スペースを活用した当社各部門や当社グループ会社とのマッチングおよび事業創出支援
  2. 実証フィールドの提供
    各部門やグループ会社との協業およびナレッジ提供による実証フィールドの提供
  3. 電力事業に関するナレッジ提供
    既存事業領域やその周辺領域での事業創出を考えており、これまでの事業で得た「知識」や「知見」をスタートアップ企業と共有し新たな事業を創出

オープンイノベーション拠点 「エナレッジ(enellege)」

最後に一言お願いします

岡田:中核事業である既存のエネルギー、情報通信、生活・ビジネスソリューション事業の周辺に、その重なり合うところに新たな価値を創出したいと考えています。是非、社会課題を解決できるような事業を協創しましょう!

 

面会・提案リクエストはコチラ
関西電力と面会・提案したい!というスタートアップの皆様はメールにてご連絡ください。メールはこちら     

メールには以下情報を記載の上、ご連絡ください。
事務局から折り返し連絡いたします。

<送付先>kddilabo-info@kddi.com
・企業情報(会社名/URL/会社概要資料)
・連絡先情報(氏名/役職/メールアドレス)
・面会/提案希望先(大企業名/提案概要)※複数可

関連記事

インタビューの記事

すべての記事を見る記事一覧を見る

Contactお問い合わせ

掲載記事および、
KDDI Open Innovation Program
に関する お問い合わせはこちらを
ご覧ください。