1. TOP
  2. インタビュー
  3. 「StockPoint」でいつのまにか株主に!- STOCK POINT株式会社
  • インタビュー

2021年04月07日

「StockPoint」でいつのまにか株主に!- STOCK POINT株式会社

STOCK POINT株式会社
土屋 清美
代表取締役社長

2021年3月18日、KDDI ∞ Laboの月次全体会(完全オンライン実施)において、スタートアップ6社が大企業に向けてピッチを行いました。MUGENLABO Magazine編集部の新米記者めぇ〜ちゃんが登壇企業にインタビューを行いました。

4社目はSTOCK POINT株式会社です。ポイント投資アプリ『StockPoint(ストックポイント)』や『StockPoint for CONNECT』を運営しているスタートアップです。今回はSTOCK POINT株式会社 代表取締役社長の土屋清美氏に話を聞きました。


めぇ〜ちゃんMUGENLABO Magazine編集部
本誌の新米記者。事業共創やオープンイノベーション、CVCに関する知識を勉強しながら、MUGENLABO Magazineの制作に携わる。
めぇ〜ちゃんめぇ〜ちゃん
『StockPoint』とは個別株の値動きに連動するポイント運用サービスです!.money、永久不滅ポイント、MI POINTをStockPointに交換することで、自己資金ゼロで投資を体験することが可能です。運用手数料は無料で、ポイント交換の際に2-5%の手数料が発生します。

代表取締役社長の土屋氏に伺いました

何をしている会社ですか?

土屋:当社は、世界初(※)となる個別株の値動きに連動するポイント運用サービス『StockPoint(ストックポイント)』を開発・運営しています。生活者は買い物などで獲得したポイントを、好きな企業の株価へ連動するStockPointに交換することができます。ポイントを運用して価値が変動したStockPointが貯まると、元のポイントに戻してお買い物に利用できたり、1株相当以上になれば実際の株式と交換することもできます。

StockPointはブロックチェーンなどの最新技術を活用した安全なプラットフォームで、多くのユーザーに安心してご利用いただいています。2017年12月のサービスリリースから3年でユーザー数は27万人を超え、取り扱い銘柄数も200種類近くなり、ポイント提携先も続々と増えています。
※StockPoint社調べ、2016年11月国内特許取得済み

「StockPoint for CONNECT」サービス画面

なぜ会社を立ち上げたのですか?

土屋:「貯蓄から投資(資産運用)へ」というスローガンが掲げられてから18年が経ち、政府は国民に対して、国に頼ることなく自分の将来は自分で計画的に考え備えてほしいと要求しています。一方欧米と比べると金融教育が行き渡っていないこともあり、日本の生活者の大半はまだ将来を計画的に考えられていないように思います。このままではいずれ生活者の多くが本当に困ってしまうのでは?金融業界に関わる事業者として何かできることはないか?とずっと考えていました。

生活者が「貯蓄から投資へ」と踏み出せないハードルはなんだろう?そのハードルが取り除かれた金融商品を作りたい、と考え始めたのがこの事業のスタートです。

生活者が投資へ踏み出せない主なハードルは、高額な元手が必要、手続きが複雑で大変そう、損すると怖いといったところにあります。その解決として、少額・簡単・手軽・安全な金融商品を作れないかと検討が始まりました。特に投資金額については、生活者にとって1000円であろうと100円であろうと心的負担は変わらないのではという議論が深まり、「お金を払って価値を買う」という行為ありきではなく、「普通に生活していると自然と新しい価値が手に入る」という新しい概念を提案できたら面白いのではと考えました。

生活者が損得の感覚を一切持つことはなく、知らない間に投資行動に足を踏み入れているという状況を作り出すことができたら、、この考え方が「いつのまにか株主に」というSTOCKPOINTのキャッチフレーズの元になっています。実際にサービスが開始して3年が経ち、現金という元手がなくても「いつのまにか株主に」なったユーザーはたくさんいらっしゃいます。

これからの目標はありますか?

土屋:現在提供しているポイント運用サービスのほかに、 『愛され企業さーち』というサイトをスタートしました。このサイトは、「ポイントで素晴らしい企業を応援しよう!」をテーマに、現在StockPointで運用できる様々な上場企業の社会貢献活動に焦点をあて、ユーザーにその取り組みを知ってもらったり応援する場を作ろうと始まったものです。ポイントで良い取り組みをする企業を応援し、社会をよりよく導くことができたら本当に素敵だと思っています。

私たちが開発してきているStockPointというユニークなポイントを今後よりたくさんの方に体験してもらうことで、生活者が企業を応援する新しいカタチを作り出し、生活者と企業が一緒に価値共創できるポジティブな世の中づくりに貢献していきたいとおもっています。今後も皆さんが驚くような様々な提携やキャンペーン・展開を考えていますので、乞うご期待です!

最後に一言お願いします

土屋:いままでにないサービスを生み出すということは、既存概念を脱ぎ捨てて全く新しい発想を続けていく必要があります。このルールが全部なくなったらどうなるだろう?といった斬新な発想の転換をして、未来を変える一歩となるサービスを作っていきたいとこれからも思っています。一緒に価値を創出する仲間・パートナー企業などを巻き込んでいくことも大切と思っていますので、どうぞよろしくお願いいたします。

めぇ〜ちゃんめぇ〜ちゃん
最近ではポイント運用が広まってきましたが、企業を選んで運用できる点や株式に交換できるという点がStockPointの魅力ですね。わたしも貯まっているポイントを使って「いつのまにか株主に」なっちゃおうかな!

それでは次回もお楽しみに!

STOCK POINT株式会社
https://www.stockpoint.co.jp/company/

”ポイントから世界を動かす”
世界で初めての株価連動型ポイント運用サービスを提供。
ポイントを貯めて、いつのまにか株主に!

関連記事

インタビューの記事

すべての記事を見る記事一覧を見る

Contactお問い合わせ

掲載記事および、
KDDI Open Innovation Program
に関する お問い合わせはこちらを
ご覧ください。