1. TOP
  2. インタビュー
  3. 働くを通じて人生の可能性を広げるインフラをつくる - タイミー
  • インタビュー

2021年08月30日

働くを通じて人生の可能性を広げるインフラをつくる - タイミー

株式会社タイミー
川島 諒一
取締役

KDDIは、すぐ働きたい人とすぐ人手が欲しい事業者をマッチングするスキマバイトサービス 「Timee」を運営しているスタートアップ、タイミーと投資契約書を締結したことを公表しました。「KDDI Open Innovation Fund 3号」を通じたもので、出資額や評価額などの詳細は非公開。

今回はタイミー取締役の川島 諒一氏にお話を伺いました。


取締役の川島氏に伺いました

何をしている会社ですか?

川島:すぐ働きたい人とすぐ人手が欲しい事業者をマッチングするスキマバイトサービス「Timee」を提供する会社です。求人側は来てほしい時間や求めるスキルを設定するだけで、条件に合った働き手が自動マッチングします。

なぜ会社を立ち上げたのですか?

川島:創業者の小川は、学生時代に起業資金を返済するため単発バイトを繰り返していました。毎日違う現場にいき、お金をもらうだけのために働く日々の中で、「すぐに働けてすぐにお金がもえらえるサービスがあれば…」とタイミーの着想を得ます。また起業に失敗し自信を無くしていた小川が、アルバイト先で出会ったコンビニを経営する老夫婦から働きに来てくれたことへの感謝の言葉を告げられ、自身も社会の役に立っているという実感を得たそうです。タイミーはテクノロジーを通じて働く挑戦のハードルを下げ、 世界中の人々が自分達の生きる道を見つけられる社会をつくっていきたいと考えています。

これからの目標はありますか?

川島:タイミーをご利用いただくことで、人生の可能性が広がったと感じていただける方を1人でも増やしたいです。そのために引き続きサービスを磨き込んでいきます。また弊社で働いてくれている社内のメンバーに対しても同様に、タイミーで培った経験が人生を大きく飛躍させたと将来言ってもらえるよう、心からわくわくできる挑戦の場をどんどん増やしていきたいです。

資金調達を通して期待していることはありますか?

川島:タイミーを利用いただいているユーザーの方々の暮らしをより豊かにするサービスをKDDIさんと生み出していければと考えています。また弊社サービスとau PAYとの相性も非常に良いと思っていますので、au PAY経済圏との連携を深めていけることもとても楽しみです。

最後に一言お願いします

川島:クライアント企業様を含む多くの方々に助けていただきながら、サービスを少しずつ広げてくることができました。ご興味を持っていただけるポイントがございましたら、弊社から協業案をご提案させていただきますのでお気軽にご連絡いただければ幸いです!

タイミー
https://timee.co.jp/about/

「一人一人の時間を豊かに」
働き方を時代に合わせてアップデートしていくことで、潜在労働力を喚起し、社会課題の解決を実現。

関連記事

インタビューの記事

すべての記事を見る記事一覧を見る

Contactお問い合わせ

掲載記事および、
KDDI Open Innovation Program
に関する お問い合わせはこちらを
ご覧ください。